うさぎの飼い方「血尿の原因・対処」〜ペットうさぎ専門ウェブサイト

ペットウサギ専門ウェブサイト

うさぎの飼い方「血尿の原因・対処」 〜 ペットうさぎ専門ウェブサイト

うさぎといっしょ > うさぎの飼い方 > 血尿の原因・対処について  

うさぎ飼育用品紹介

うさぎのニュースや写真画像、グッズ商品などのうさぎ情報をツイート。無言フォロー歓迎

  

血尿とは血尿とは

血尿とは、ウサギがするオシッコは通常、白くにごった白濁の尿ですがが、何らかの原因で 血が混ざってしまうことにより、オシッコが赤くなってしまう症状です。

一見、尿の色が赤くないため血尿でないよう見えても、実は目に見えないほどの少量の血液が 尿に混ざっている場合もあります。 そのような場合には、尿検査で検査しなければ発見できません。 逆に、あまり出血がひどい場合は貧血になってしまう危険があります。

血尿はうさぎの病気の症状として代表的なものです。 早期発見、早期治療が何よりも重要なので、常日頃からオシッコの様子を観察することが大事です。

もっとも、尿の色が赤いからといって必ずしも血尿であるとは限りません。 血液の色素(血色系)以外の食物や薬による赤い色素により尿が赤くなる場合があります。

具体的には食物由来のポルフィリン色素やニンジンなどに含まれるカロチンの摂取、松の葉、薬で 尿が赤くなることがありますが、これは全く健康に問題はありません。

病気かどうかの判断は、血色素反応を調べる細紙片で、赤色色素か血色素かを調べることができます。 自宅で尿検査ができるウサギ用の尿検査キットも販売されています。 もっとも信頼できる動物病院で検査してもらうことが一番です。

尿検査キット
[血尿から疑われる病気]
[尿結石] 結石により出血。
[子宮ガン] 実際は血尿ではなく、子宮内部から出た血様の液が血尿に見える。 子宮ガンになる確率は、3才のウサギが50%近い、5才では80%にもなるといわれている。
[その他子宮の疾患] うさぎのメスは3歳を過ぎると、何らかの子宮の病気にかかる確率が非常に高まる。 その症状として代表的なものが血尿である。
[膀胱炎] 細菌感染によって血尿が起こる。 一回の排尿量が少なくなる。放っておくと尿結石になってしまうこともある。
[膀胱腫瘍] 血尿が見られるが、膀胱炎のように瀕尿になることは少ない。
[腎疾患] 細菌感染による腎炎が原因。
[溶血性貧血] たまねぎ中毒によるもの。
[うさぎの尿について]
ウサギの尿は透明なものから白いもの、薄い黄色〜黄色〜濃いオレンジ〜赤褐色〜茶色の乳濁色で、 pHはおよそ8.2(7.6〜8.8)と、アルカリ性です。 尿は、口から入った食べ物や水が、消化器や泌尿器を通って体外へ出てくるものです。 したがって、尿には何らかの病気の兆しが現れることが多く、病気の早期発見には尿検査は有効な手段です。 ちなみに、生まれたばかりの母乳を飲んでいる子ウサギは成熟したウサギより酸性で、沈殿物を含みません。 この場合は正常で問題ありません。子ウサギが牧草、ペレットなどを食べるようになると、初めて濁った尿になって不透明になります。 また、絶食の状態、食物不足、食欲不振などにより尿が酸性化(pH6〜7)すると結晶が溶けるので透明になります。

 
うさぎの飼い方Topへ戻る

うさぎといっしょ > うさぎの飼い方 > 血尿の原因・対処について
ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」
http://www.rabbittown.sakura.ne.jp/
Copyright (C)2006,2007 ペットうさぎ専門ウェブサイト   うさぎといっしょ  All Rights Reserved

[運営サイト]
ペットうさぎ専門情報サイト うさぎといっしょ | 伊豆観光旅行スポット情報サイト | Browser Game Station