うさぎの飼い方「毛玉症の予防・治療方法・原因について」〜ペットうさぎ専門ウェブサイト

ペットウサギ専門ウェブサイト

うさぎの飼い方「毛玉症の予防・治療方法・原因について」 〜 ペットうさぎ専門ウェブサイト

うさぎといっしょ > うさぎの飼い方 > 毛玉症の予防・治療方法・原因について  

うさぎ飼育用品紹介

うさぎのニュースや写真画像、グッズ商品などのうさぎ情報をツイート。無言フォロー歓迎

  

毛玉症とは毛玉症とは

うさぎが毛づくろいしたときに飲み込んだ体毛が、胃の中で絡まって毛玉になってしまう胃腸の疾患です。 ある程度は胃の中に毛が存在するもので普段は問題ないが、たくさん毛が溜まり、それが絡まって 毛玉となり胃腸の通り道をふさいで胃腸の障害を起こしてしまいます。 元気・食欲低下、体重減少といった症状がでます。 犬猫と違い、体の構造上、内容物を吐き出すことができないウサギさんがかかる 代表的な病気です。

[毛玉症検査の種類]
[X線検査(レントゲン)] 胃腸にできた毛玉の存在を視覚的に確認します。
  

毛玉症の症状毛玉症の症状

毛玉症がすすむと、腸管の移動を阻害する腸閉塞を起こしてしまいます。 以下の症状があったら、すぐに動物病院で検査しましょう。

  • 食欲がなくなり、ペレットなどを残す
  • 元気がなくなる
  • 体重が減少する
  • 糞が小さくなる
  

毛玉症の治療方法毛玉症の治療方法

毛玉症になった場合、大きな毛玉になってしまっているのであれば手術で取り出さなければなりません。 それほど大きくない場合には、通常は内服薬で治療を行います。 体が脱水するので水分を与えて、胃の中の毛玉を流れやすくし、腸管の運動亢進をさせる薬を使って治療します。

  

毛玉症の予防方法毛玉症の予防方法

毛玉症の予防には日ごろからのケアが大事です。以下の予防法を日常的に行うことが 予防につながります。

[ブラッシングを定期的に行う]
毛玉症の原因の毛づくろいをしたときに飲み込む毛を減らすことができるので、 もっとも効果的な方法です。日常的継続的に行うことが大事です。

[牧草をたくさん与える]
毛玉症には繊維質の多い食事を与えるのがよいです。 その代表的なものが牧草で、繊維が腸の運動を活発にして毛玉をできにくくします。 ウサギの腸は食物繊維をとらないと運動しないという特徴があります。 普段からわらや野菜などをたくさんあげることが毛玉症対策に効果的です。

[パイナップル、パパイヤを与える]
毛を溶かす効果はないが、毛が絡むのを防ぎます。 毛玉症になってからでは効果がなく、日常的に与えることが必要です。 うさぎの好物なのでオヤツとして与えるとよいです。 加熱したものは酵素が破壊されているので意味がありません。

[適度な運動]
適度な運動が肥満やストレス予防だけでなく、毛玉症予防にも効果的です。

 
うさぎの飼い方Topへ戻る

うさぎといっしょ > うさぎの飼い方 > 毛玉症の予防・治療方法・原因について
ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」
http://www.rabbittown.sakura.ne.jp/
Copyright (C)2006,2007 ペットうさぎ専門ウェブサイト   うさぎといっしょ  All Rights Reserved

[運営サイト]
ペットうさぎ専門情報サイト うさぎといっしょ | 伊豆観光旅行スポット情報サイト | Browser Game Station