うさぎの飼い方「暑さ対策」〜ペットうさぎ専門ウェブサイト

ペットウサギ専門ウェブサイト

うさぎの飼い方「うさぎの暑さ対策」 〜 ペットうさぎ専門ウェブサイト

うさぎといっしょ > うさぎの飼い方 > うさぎ寒さ対策  

うさぎ飼育用品紹介

うさぎのニュースや写真画像、グッズ商品などのうさぎ情報をツイート。無言フォロー歓迎

  

うさぎの過ごしやすい気温うさぎの過ごしやすい気温

ウサギは温度や湿度の変化に敏感なため、四季にあった世話が必要になります。 室内のケージで飼われているペットのウサギは、野生のウサギとは違って 自分で過ごしやすい環境の場所に移動することができません。 夏、冬、梅雨の時期には、うさぎさんが体調を崩さないように それぞれの時期にあったウサギさんの周囲の環境を整えてあげる必要があります。 うさぎにとって快適な環境は、温度は18〜25度、湿度40〜60パーセントといわれています。

  

うさぎの寒さ対策【冬】うさぎの寒さ対策

うさぎは暑さに比べたら、体毛に覆われているため寒さには強いといわれています。 しかし、子ウサギの時期は寒さ対策をしておかないと凍えてしまうので、 しっかり防寒対策をします。 特に短毛種のネザーランド種、レッキス種、ジャージーウーリー種のうさぎは注意が必要です。 寒さ対策についても、エアコンの暖房を利用している飼い主が一般的です。 暖房を使う場合には、室温が18度以下にならないように設定し、 直接暖房の風が当たらないように注意します。 しかし、常にエアコンをつけっぱなしにしておくと電気代がかかるので、 日当たりのよい部屋であれば、地域によっては昼間には必要ない場合もあります。 以下では、エアコンの暖房以外の寒さ対策を紹介します。

[うさぎさんのための防寒対策]
  • 日当たりのよい部屋に置く。ただし直接日光があたるところは避ける。
  • ケージを布・ダンボールなどで囲んで隙間風を防いで保温効果を高める。
  • 床には牧草などを敷くことも保温効果を高める。
  • 寒さ対策グッズを利用する。
[寒さ対策グッズ]

電熱線タイプ
もっとも多くの飼い主に利用されている防寒対策グッズです。 あたたかさを選べる温度別リバーシブルタイプのものが多く、気温に応じて使い分けることができます。 価格も手ごろな値段です。


ペット用冷暖房

保温電球タイプ
電球タイプのストーブで熱を放射して周囲の空気を暖める電球型のヒーターです。 ケージで使用する場合には、ケージを布などで囲むことで、より高い保温効果を得ることができます。 電球は明るくならないので睡眠も妨げません。


保温電球タイプ

ファンヒータータイプ
安心転倒OFF機能やフレキシブルチューブなどもついており安全性も確保されています。 ただし、ファンを利用するため多少騒音が気になります。 夏には扇風機としても利用できるタイプもあります。


うさぎ用のファンヒーター

ハウスタイプ
周りを壁で囲んで冷たい風を遮断することにより保温効果を得るタイプです。 牧草などを敷き詰めるとより保温効果が高くなります。 しかし、あくまで自身の体温で暖まるので、 他の電気製品タイプの防寒グッズに比べたら断熱効果は低いです。 補助的な暖房グッズです。


ペット用冷暖房 ペット用冷暖房

ペット用冷暖房ベット
半導体素子(ペルチェ素子?)を利用しているので直接温度をコントロールすることができます。 そして、清音設計なのでスイッチを入れてもとても静かで眠りを妨げることもなく、 コードがステンレス製フレキシブルチューブなど安全性にも配慮しています。 欠点は、価格がかなり高額になってしまうことです。

ペット用冷暖房  
うさぎの飼い方Topへ戻る

うさぎといっしょ > うさぎの飼い方 > うさぎの寒さ対策
ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」
http://www.rabbittown.sakura.ne.jp/
Copyright (C)2006,2007 ペットうさぎ専門ウェブサイト   うさぎといっしょ  All Rights Reserved

[運営サイト]
ペットうさぎ専門情報サイト うさぎといっしょ | 伊豆観光旅行スポット情報サイト | Browser Game Station